Japanese World War II Fortifications

第二次大戦における日本による要塞化

「サイパン戦を再認識」

  N15 ̊13’0.07” E145 ̊42’56.437
  N15 ̊13’5.288” E145 ̊43’1.227
  N15 ̊11’57.305” E145 ̊43’1.473

ガラパンには、第二次大戦中の米軍の上陸侵略から島を防護するために造られた三ヶ所の日本軍防衛陣地がある。これらは、北から南に... アメリカン・メモリアル・パーク最西端にある機関銃装備のための小さな岩とコンクリート造りのトーチカ。ハイアット・ホテルのビーチにある20mm機関砲を納めるための大きなコンクリート製のトーチカ。そしてたぶん重機関銃を護ったと思われる中型の掩蔽壕(えんぺいごう)がガラパン波止場のすぐ南側に。米軍のマリアナ侵攻作戦時点の日本軍の防衛計画原理は、水際作戦であり海岸で敵を打ち負かし海へと追い戻すことであった。従って、内陸部ではなく沿岸部の防御を設定することが優先された。コンクリート製の防御工事の大部分は米軍進攻直前の数ヶ月以内になされたもので、建築資材は不足していた。進攻時には武器のないものもあった。マリアナ群島を失ったのちには、日本軍司令官たちはペリリュー、硫黄島そして沖縄の戦いにおいては持久戦へと変更した。